【暴露】公務員の社内ニート事情を元公務員の私が暴露します。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク

公務員は試験が難しく、なかなか容易に合格できるような職種ではないことを皆さんもよくご存じかと思われます。

そんな難しい試験を突破した人の中に社内ニートとなってしまうような人材がいるのだろうか?この点、とても疑問ですよね。

ほかにも

そもそも社内ニートって公務員にもいるの?

という簡単な問いや

社内ニートが公務員にいるとしたらどういう待遇を受けているの?

このような専門的な問いまで元公務員にしかわからない社内ニート公務員事情をすべて暴露します。

ボブ君
ボブ君

これはかなり気になるトピックだ!!

よろくん
よろくん

ぜひ見て行っておくれ!!

【暴露】公務員の社内ニート事情を元公務員の私が暴露します。

社内ニート公務員事情暴露

私は、元地方公務員で現在は一般企業に勤めております。

公務員は3か月でやめたものの、その3か月で社内ニート公務員がどのような実態なのかをほとんど完全に把握することができましたので、すべて暴露していきたいと思います。

この記事を書こうと思ったきっかけ

そのきっかけとは「社内ニート 公務員」というワードでグーグル検索してみると、なかなか正確な情報がなかったからです。

元公務員で社内ニートを経験している方ってなかなかいないのが現状なんだと思います。

そこで元公務員社内ニートの私が本当の社内ニート公務員事情をお伝えしたいと思います。

ボブ君
ボブ君

この記事を読めば本当の社内ニート公務員事情を知ることができるんだね!!

そもそも社内ニートとはいったい何なのか?

社内ニート関連の記事では毎回ご説明しておりますが、社内ニートとは、

社会人として雇われているのにも関わらず職場では仕事が無い人のことを指します。

仕事中も、暇つぶしをして時間を過ごしていることがあります。

会社に勤めているため事実上はニートではないのですが、「職場で仕事がない人」ということで「社内ニート」と呼ばれています。

こちらの私の記事を参照

社内ニートが無能ではなく組織が無能についての記事
よろくん
よろくん

この記事には「世間は社内ニートを無能扱いするけど実はそれは組織が無能なだけ」ということについて書いてあるよ!

世界的な社内ニート(すべての職種)の実態

2005年に一万人以上のアメリカのサラリーマンを対象に行われたアンケート調査では、33.3%の人が、やるべき仕事があまりないと答えている。

平野卿子氏の『ボーアウト社内ニート症候群』より引用

こちらも上記の記事で詳しく説明しておりますのでご覧ください。

社内ニート事情紹介

続いて公務員の社内ニート事情に関して詳しくご説明していきたく思います。

事情1:社内ニートは公務員にも存在しますが一時的な社内ニートです。

社内ニートは公務員にも存在します。

実際に私が3か月務めていた中でも、社内ニートとなってしまっていた方を何人かこの目で見てきました

私が勤めていた役所の詳しい情報として、およそ4.6%の人が社内ニートでありました。

21人に1人の割合で社内ニートが存在していたってことになります。それも世代は関係なく10代~50代まで幅広く存在していたんです。

100人の会社ならおよそ5人程度で200人の会社なら10人程度です。

優秀な人材を集めているはずの公務員が約5%の社内ニートを生んでいることがわかりました。

本来ならばここでデータを提示したいところではありますが、公務員の社内ニート率の詳しい情報はなく、どれもこじつけで社内ニート率を割り出しているものもあったため、ここは私の見てきた実態をもとにしています。

よろくん
よろくん

どんな統計よりも実際に私の目で確認したことは何よりの証明になるのではないでしょうか。

以下でもご紹介していきますが公務員は一年を通して社内ニートなのではなく、一時的に社内ニートとなってしまうんです。

ここではその一年のうち一時的に業務を失う、一時的な社内ニートのことを「一時的社内ニート」と呼んで説明していこうかと思います。

一年を通して社内ニート
一年のうち一時的な社内ニート

それではその社内ニート公務員の事情をご紹介していきます。

事情2:社内ニート公務員の一日の流れ。

部署によって異なりますが、例を挙げて社内ニート公務員の一日の流れを紹介します。

これはイベントを受け持つ部署の一日となっています。

1・出社してまずメールをチェック。

→メールが届いていれば印刷して部署内で共有(約20分)
  →共有後返信が必要なものなら相手先へ返信(約10分)


→メールが届いていなければそのまま次の社業へ

2・伝票を切る。

その部署で買ったものは伝票を起票して会計課に提出(30分)

3・文書チェック

文書が届いていたら部署内で共有(約1分)

以上が役所に勤める中で基本的な仕事サイクルでした。
これにプラスでその部署ごと特有の仕事をこなしていくことになります。

事情3:仕事は必ず分担性で進んでいく

上記で説明した社内ニート公務員の一日の流れでしたが、時期によってプラスアルファの作業が多い時と少ない時があります。

・少ない時は上記の作業で一日が終了
・多い時は残業もしなくてはならないほどの業務量

このようになってきます。

ボブ君
ボブ君

時期も何もそもそも仕事ができない人は上司が仕事を預けてくれないからその人は別にやることがないんじゃ?

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、それは違います。

公務員の仕事は必ずと言っていいほど毎年毎年同じ仕事を繰り返します。

その繰り返されていくという特性から、仕事は部署の一人ひとりに分担されます。

分担されてあると業効率が良くなるからです。

では実際にどのように分担されるのかといいますと、

・この団体はあなたが総括してくださいね
・これに関しての伝票はあなたが切ってくださいね
・この届はあなたが処理してくださいね。
・人事はすべてあなたがやってくださいね
・このイベントはあなたが進めてくださいね。

というのをその部署の一人ひとり均等に分配されます。

上司が仕事を預ける預けないにかかわらず一年を通してのやらなくてはならないことを年度の初めに必ず決められるんです。

事情4:どの年代にも一時的社内ニートは存在する。

社内ニートと聞くと、若年層に多く存在しているイメージなのではないでしょうか?
それが、公務員の場合は一概に間違いだとか正しいとだとかは言えないんです。
なぜなら実際にどの年代にも社内ニートは存在するからなんです。
私の勤めているところでは

・10代の社内ニート
・30代の社内ニート
・50代の社内ニート
・60代の社内ニート

このように、すべての年代で社内ニートは存在しました
新卒で入ってばかりの社内ニートから課長・部長級の一時的社内ニートも存在していたんです。驚きですよね。

いくら年代が上の人になってきても部署によっては一時的社内ニートが存在します。
一年中社内ニートではないですが、閑散期の部署は確実に一時的社内ニートになってしまいます。

事情5:一時的社内ニートが生まれる部署は限られている。

一時的社内ニートが生まれる場所はかなり限られてきます。

現在ですと、コロナウイルスで各地のイベントが中止となっています。

このように役所主催のイベントが軒並み中止すると、イベントを受け持つ部署の中止になったイベントを総括する人は業務を喪失します。

例えば、8月のイベントと1月のイベントを任されたBさんがいるとします。

その8月のイベントはおよそ4月後半から準備を始めていくつかの会議や打ち合わせを踏んでそのイベントを実行するのですが、その会議打ち合わせが軒並み中止となりますのでBさんの業務はなくなります。

1月の準備が始まるのはその3か月前の10月ですから結果として4月~9月の業務をすべて失うことになるのです。

これをまとめると、
A部署にいる8月のイベントと2月のイベントを受け持った人Bさん



コロナの危険性から首長が4月頭に8月のイベント中止を判断



・4月~7月の間にやる予定だった会議を軒並み中止
・事前会場準備、事前購入もすべてやらなくてよくなる



次の1月のイベントの準備が始まる10月までBさんの業務はなくなる



結果、4月~9月の間一時的社内ニートになる

このようにイベントを受け持つ部署は失業をしたも同然になるんです。

事情6:暇なときは「読書」「スマホ」「ネットサーフィン」

私が実際に目にしてきたものだと、暇なときは読書をしている人もいれば、スマホをいじっている人もいれば、ネットサーフィンをしている人もいました。

これは社内ニートならだれもが通る道です。
一般企業の社内ニートと公務員の一時的社内ニートの暇つぶしのしかたは大差はありません。
元公務員社内ニートで、現在も一般企業社内ニートである私の暇のつぶし方はこちら

社内ニートの暇つぶしの極意10個

この記事の要約

以下はこの記事の要約となっております。

事情1:社内ニートは公務員にも存在しますが一時的な社内ニートです。

私の会社では社内ニートは4.6%の割合で存在しています。社内ニートが一時的な社内ニートと言えるのは時期によって仕事があるときとない時がまちまちであるからです。
事情2:社内ニート公務員の一日の流れ。

1日の流れは、
メールの確認→伝票を切る→文書チェック
この流れで1日が進んでいきます
事情3:仕事は必ず分担性で進んでいく

仕事は必ず分担性で部署内の仕事を一人ひとりに振り分けられる。だから仕事がなくなるのは閑散期のみです。
事情4:どの年代にも一時的社内ニートは存在する。

10代〜60代まで全ての世代に社内ニートが存在しています。
事情5:一時的社内ニートが生まれる部署は限られている。

社内ニートが生まれる部署はイベントを受け持つところに限られてきます。
イベントが中止になれば準備期間も全てやることはなくなります。
事情6:暇なときは「読書」「スマホ」「ネットサーフィン」

暇があるときはいつも上記のことをしています。

まとめ

元公務員の私が実際に3ヶ月の社内ニート公務員生活をしてみて実際に気づいたことをこの記事で書いてみました。

社内ニートが一般企業だけではないことをこの記事でお伝えできたならば幸いです。

皆さんは社内ニートにはならないように自分の好きなことを仕事とできるように応援しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました